いま人気のアルバイト! 時給4000円ってホント?!

好きな時間に自由に働けて、時給も高いのでかけもちする子が急増中!

面接の仕方

 働きたいお店の候補が見つかったら、面接を受けます。ここでは、面接時の心構え、注意点など、面接の仕方について紹介します。

 

 

面接のアポイントを取ろう

 

 面接したいお店を決めたら、さっそくお店に電話をして面接のアポイントを取りましょう。早ければ、その日のうちに面接、入店となる場合もあります。ただ、アポイントを取らなくても、ぶらっとお店に行って、面接のお願いをすれば、すぐに面接をしてくれるお店もあります。履歴書については持ってきてと言われる場合もありますが、手ぶらでもOKな店もあります。

 

 

面接に行く時の服装は?

 

 これに関しては普通の会社の面接のようにリクルートスーツを来ていく必要はありません。どちらかと言えば、女らしさをだした服装のほうが好まれます。お嬢様系でもギャル系でもかまいませんが男受けするカッコがいいと思います。

 

 しかし、あまりにラフなカッコではお店によっては断られたりします。ですから、ジーパン、スニーカーみたいなカッコは避けたほうがいいですね。メイクなどもしないよりはした方がいいです。とりあえず、自分が一番イケてると思うカッコで行きましょう♪

 

 

面接って?

 

 風俗の面接って、どんなことをするの?って、みなさん思うでしょうが、ハッキリ言ってほんとに早いです。店長サンが履歴書をざっと見て、女の子に2,3、質問したら終わりです。ウソと思うでしょ? ほんとです! まー、中にはもう少し丁寧にやるお店もありますが、普通の会社の面接にくらべたら圧倒的に早いです。だから、そんなに緊張しない、緊張しない。リラックスして、面接にのぞみましょう。

 

 そして、風俗の場合はその場ですぐに採用されます。そして、そのままお仕事→帰る時にはお財布をふくらませて帰る。なんてこともザラです。だから、その場で採用、不採用を言われない場合は不採用の可能性が高いです。

 

 

注意点

 

 とにかく、情報誌に書いてある内容ではそのお店がどんなお店か分かりません。面接に行く前に聞いておきたいこと確認しておきましょう。紙に書いておくといいでしょう。頭に入れておくだけじゃ、いざ面接って時になって緊張して忘れてしまう可能性が高いですから。

 

 

 聞いておくポイントとしては、

 

  • 自分の希望の勤務時間どおりに働けるのか
  • ノルマはあるのか
  • 罰金・罰則はあるのか
  • どんなサービスをするのか
  • お客がつかなかった時の保証はあるのか

 

などですね。

 

 ちゃんと聞いておかないと損することになります。保証などもあるって言ってたのに、最初の1ヶ月間だけだったとか、1万もらえるってはずなのに、お客サンが1人でもつけば収入が5000円でも保証なしとか。ってこともあります。