いま人気のアルバイト! 時給4000円ってホント?!

好きな時間に自由に働けて、時給も高いのでかけもちする子が急増中!

「もう、働きたくない」と出勤拒否する前に

 風俗嬢を続けていると、誰でもかかる病気があります。それが、……「もう、働きたくない」症候群(別名:仕事イヤイヤ病)。他の仕事をしている人とくらべても、かなりの高確率で発症します。悪化すると、出勤拒否して、そのまま辞めてしまうなんてこともあります。

 

 それを避けるためにも、木内がお薦めしているのが、仕事に「やりがい」を見つける方法です。

 

 

やりがいを見つける

 

 風俗にやりがいなんてあるのか?って人もいるかもしれないけど、やっていくうちに見つかります。と言うか、やりがいでも見つけていかないとなかなか長くこのお仕事続けられません。やっぱりしばらくやってると「私、何で風俗で働いてるんだろう?」って、思います。

 

 そのとき、「私にはやりがいがある。」と思えないとなかなかつづけられません。言い訳でもいいから、やりがいがあると精神的に楽になると思います。

 

 では、風俗で働いてる子は仕事のどこにやりがいを見つけているのか?

 

  • 本指名の数
  • イカせること
  • お金

 この3つが主だと思います。

 

本指名の数

 特に「本指名の数」にやりがいを感じてる人は多いんじゃないかな。お店の中でも月ごとの指名数を発表したりして、女の子同士の競争心をあおったりします。本指名の数は女の子自身の力でお客サンがお店に来たことになります。

 

 本指名を得ることによって、女の子は「自分が認められた、自分が必要とされている、自分には存在価値がある」と感じることができます。自分の魅力を確認することができるのです。

 

イカせること

 続いて、意外に多いのが「イカせること」。女の子にもよりますが、男の人をイカせた瞬間って言うのは、結構満足感があるらしいのです。たぶん、男の人が満足したこと、仕事をきっちりやったという達成感が目に見えて確認できるからじゃないでしょうか。

 

お金

 最後に「お金」。仕事自体にやりがいを感じているわけではなくて、お金をいっぱい稼ぐことにやりがいを感じてる人です。「1日にこれだけ稼げた、1ヶ月でこれだけ稼げた、貯金がこれだけ増えた。」など、稼ぐことにやりがいを見つけてがんばってる人も多いです。

 

「もう、働きたくない」と出勤拒否する前に関連ページ

初出勤に向けて
接客の基本とは?
迷惑客への対応